花火撮影オプション

これまでシェア撮影会では火を使った撮影はできませんでしたが、場所、時間帯を限定ながら花火を使った撮影ができる様になりました。
花火撮影ができるのは日没後以降で、1組の持ち時間は15分、1日3組までとなります。
場所は縁側前か庭入り口付近のどちらかをお選び頂けます。
花火は手持ち様に製造された物(打ち上げ型は不可)に限ります。また花火の用意ができない方のために花火の販売も行っています。
   

よくあるご質問

どんな花火が使えるの? 打ち上げ用ではない手持ち用として製造された花火のみご使用いただけます。
どんな花火が撮りやすいの? スパーク花火と呼ばれる、棒の周りに火薬が練り固めてある線香花火を派手にしたような燃え方をするものを使った方が良い結果を得られているお客様が多い様です。
(バナーや作例画像で使っている画像の花火もスパーク花火です。)
また花火は品種ごとの明るさがかなり変わりますので、種類多くよりは同じ種類を複数持ってきた方が明るさ調整で手間どりにくいでしょう。
花火を撮ったことないですがちゃんと写るの? スタッフが補助照明のセットなどお手伝致しますので、カメラの明るさ調整がマニュアルでできるものでスパーク花火を使用されればこのページで使っている画像程度には写せると思われます。
三脚は必要ですか? 使う花火にもよりますが、スローシャッターに自信のない方は使った方がいいでしょう。(三脚の用意はございますので持参の必要はありません)
予約は必要なの?? 3組までの限定ですので事前にご予約いただいた方が確実ですが、空き枠があれば当日のお申し込みもできます。

作例写真